FC2ブログ

パーマのかかりと薬剤♪

以前、ロングからショートにばっさり切った際にお客様から頂いた、人毛をつかってパーマのかかりについての実験をおこないました。

今回使用した毛束は、量が多めの太い毛束です。


従来のコールドパーマよりもクリープパーマの方が、しっかりとかかるのは間違いのないことなので、どの薬剤がよりパーマがしっかりかかるのか??というチェックを行いました。


DSCF1929_convert_20110407143541.jpg



左のロッドに使用した薬剤は、従来のコールドパーマでもしっかりとしたカールを作りたいときに活躍していた、プライヤTC。

真ん中のロッドは、システアミン+チオのW還元。

右のロッドは、酸性チオ付け巻き+システアミン+チオ。


とりあえず実践を想定して、主力で使用してきた薬剤でチェックします。


カラー履歴が一回のみのダメージの少ない毛髪だったので、7分でチェック後+3分の加温タイム10分でOK。

クリープ加温10分、クーリング8分。

2液、ブロム5分、加水5分。


すべてのロッドを同じ条件で行いました。



DSCF1930_convert_20110407143559.jpg



やっぱり右のロッドが一番かかってますね

太めの毛束でこのカールなら、細めにとったときは。。。とても期待ができますね☆


左のTCでは還元力が足りなかったかな?
どちらにしても、システアミン+チオのW還元の方がクリープとの相性は良いように思います。


ワインディングローションとして酸性チオは使用したほうがかかりが良いというのも分かりました



時間がとれるときに一回ブリーチしたダメージの毛髪にクリープパーマを試してみたいと思います♪



☆ホームページはこちら☆



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

インフォメーション

広島市中区吉島にある fleur-hair(フルールヘア-)は、アットホームな雰囲気の美容室です。
施術では、ダメージを抑えた微還元クリープパーマなどお客様の髪をできる限り傷ませない施術を心掛けております。

Twitter
 
HPはこちら☆

fleur-hair

http://www.fleur-hair.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
検索フォーム