FC2ブログ

ヘアカラーの簡単なメカニズム

今日はちょこっとカラーのお話し。


髪の毛というのは、メラニン色素というもので黒く見えています。


カラーをする場合には、このメラニン色素を抜かなくてはなりません。


大きく分けて色を明るくするカラーには2種類あります。



まず1つ目はカラーリング。

カラーリングはレベルに応じて必要なメラニン色素を抜いて色みを同時に入れていくお薬です。
簡単にいうと最初の5分でメラニン色素を破壊して、後の5分で色みを入れていく。といったことが髪の内部で行われています。
ただ、ブリーチ力と色みを入れる能力を1つのお薬に混ぜているため、だいたい13レベルを超えるレベルにすることは出来ず、色みも明るく鮮やかなものは難しいです。

カラーリングの良い点は、レベルに応じてメラニン色素を破壊するため、必要以上に傷みにくいです。

グレイカラー(白髪染め)はこのカラーリングの仲間になります。



2つ目はブリーチ剤による施術。

ブリーチというのは、メラニン色素を破壊することに特化したお薬です。
調合によってある程度の調節は可能ですが、1度の塗布で出来る限りのメラニン色素を破壊するため、カラーリングよりも明るくすることができます。

金髪や、明るく鮮やかな色みなどを求める場合必要になってきます。

ブリーチ後、色みを入れた場合、初見ではとても鮮やかで綺麗になります。
ですが、カラーリングより多くのメラニン色素を破壊するため、ダメージは大きいです。

ブリーチの良い点は、ダメージは大きいがカラーリングと併用することによって、明るく鮮やかな色を作り出すことができるところです。



これらのお薬を使い、レベルを上げ下げし、色みを足し算引き算しながら、カラーリングを行っています。
もちろんできるだけダメージをださない努力も行っております

黄色みが強く残ってる毛髪に対してアッシュ(青紫)などを行った場合、黄色とアッシュがぶつかり合って緑が発色するなど、色みについてはまた機会があれば書いてみたいと思います


24-color_convert_20110119114447.gif



ブログのネタに困って、たまには美容師らしいことを書こうと思って、簡単にカラーについて書いてみました

とっくに知ってる方も多いと思いますが、豆知識程度に見て頂けたら嬉しいです


それでは☆


☆ホームページはこちら☆





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

インフォメーション

広島市中区吉島にある fleur-hair(フルールヘア-)は、アットホームな雰囲気の美容室です。
施術では、ダメージを抑えた微還元クリープパーマなどお客様の髪をできる限り傷ませない施術を心掛けております。

Twitter
 
HPはこちら☆

fleur-hair

http://www.fleur-hair.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
検索フォーム