スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボスの頭にピンクパール!!

ちょっとばかり時間ができたので、先日のボスのカラーの結果を報告です


報告とは言ってもたいしたことはないのですが発色の良さ、色みが少しでも伝われば嬉しいです♪


なかなか画像だとわかりにくいですが(^_^;)


今回ボスで試したのは、新しいカラー剤の新色、ピンクパールです


名前にパールが入っているのは、パールのようにツヤやかな色みが発色するとのこと



ということで、試してみました。


今回は10レベルのピンクパールということで、2タッチにて施術。



途中経過のipad2で遊んでくつろいでいるボスの図。

DSCF2043_convert_20110624191606.jpg


そんなこんなでカラーも終わり仕上がり~


ブロー無しで、簡単に乾かしただけの図。

DSCF2044_convert_20110626171837.jpg



写真では分かりづらいのが辛いところですが、ツヤもありとても良い感じでした☆


ボスいわく、刺激もなく、なによりカラー剤特有の鼻につく臭いがほとんどしなかったとのこと!!


かな~り好感触でした


この新しいカラーシリーズには、他にもまだまだ興味深い色みがありますので、

これから夏にかけてカラーをされる方は是非是非お試しください☆



☆ホームページはこちら☆



スポンサーサイト

カラーの途中!!

いまボスのカラー中です!!


2ヵ月ぶりのボスのカラーは新色のピンクパール


実験も兼ねてボスにカラーをすることになりました☆


発色等の結果はまた時間のある時に載せますね~



DSCF2043_convert_20110624191606.jpg



それでは、おつかれ様で~す☆



☆ホームページはこちら☆


カラー剤♪

もう6月にはいったということで、夏を見据えてカラーを明るめにするお客様もチラホラ


美容の仕事は現在に慣れすぎず、新しい物を探求することが必要だと思っております!!


ということで、いま新しいカラー剤に注目しています。


メーカーの話しでは、色の数が豊富で、色味が綺麗に発色されるとのことです


とはいえ、メーカーの言うことを間に受けてすんなり導入というわけにはいかないので、まずはウィッグでチェック。



左サイドは、現在使ってるカラーと、新しいカラー剤の12レベルの比較。

DSCF2034_convert_20110608121325.jpg

DSCF2036_convert_20110608121516.jpg



グレイカラーの比較。

DSCF2035_convert_20110608121351.jpg

DSCF2037_convert_20110608121600.jpg



写真では分かりずらいですが、若干の違いはあれど同じレベル、色味同士の発色はほぼ同じようです


基本的にフルールで、カラーで重視している点は、

・発色の鮮やかさ。

・退色の少なさ。

・頭皮への刺激の少なさ。

・臭いがキツくない。

・白髪への色の定着。


といったところでしょうか?



今回のテストで、臭いの少なさ、発色の良さは実感できました!


あとは、頭皮への刺激、退色、白髪への定着などをモデルさんの髪で試したり、いろいろな色の発色もチェックしてみようと思います♪


これからいろいろチェックしてみて、また進展があればこちらで報告させて頂きますね☆



☆ホームページはこちら☆


ヘアカラーの簡単なメカニズム

今日はちょこっとカラーのお話し。


髪の毛というのは、メラニン色素というもので黒く見えています。


カラーをする場合には、このメラニン色素を抜かなくてはなりません。


大きく分けて色を明るくするカラーには2種類あります。



まず1つ目はカラーリング。

カラーリングはレベルに応じて必要なメラニン色素を抜いて色みを同時に入れていくお薬です。
簡単にいうと最初の5分でメラニン色素を破壊して、後の5分で色みを入れていく。といったことが髪の内部で行われています。
ただ、ブリーチ力と色みを入れる能力を1つのお薬に混ぜているため、だいたい13レベルを超えるレベルにすることは出来ず、色みも明るく鮮やかなものは難しいです。

カラーリングの良い点は、レベルに応じてメラニン色素を破壊するため、必要以上に傷みにくいです。

グレイカラー(白髪染め)はこのカラーリングの仲間になります。



2つ目はブリーチ剤による施術。

ブリーチというのは、メラニン色素を破壊することに特化したお薬です。
調合によってある程度の調節は可能ですが、1度の塗布で出来る限りのメラニン色素を破壊するため、カラーリングよりも明るくすることができます。

金髪や、明るく鮮やかな色みなどを求める場合必要になってきます。

ブリーチ後、色みを入れた場合、初見ではとても鮮やかで綺麗になります。
ですが、カラーリングより多くのメラニン色素を破壊するため、ダメージは大きいです。

ブリーチの良い点は、ダメージは大きいがカラーリングと併用することによって、明るく鮮やかな色を作り出すことができるところです。



これらのお薬を使い、レベルを上げ下げし、色みを足し算引き算しながら、カラーリングを行っています。
もちろんできるだけダメージをださない努力も行っております

黄色みが強く残ってる毛髪に対してアッシュ(青紫)などを行った場合、黄色とアッシュがぶつかり合って緑が発色するなど、色みについてはまた機会があれば書いてみたいと思います


24-color_convert_20110119114447.gif



ブログのネタに困って、たまには美容師らしいことを書こうと思って、簡単にカラーについて書いてみました

とっくに知ってる方も多いと思いますが、豆知識程度に見て頂けたら嬉しいです


それでは☆


☆ホームページはこちら☆





インフォメーション

広島市中区吉島にある fleur-hair(フルールヘア-)は、アットホームな雰囲気の美容室です。
施術では、ダメージを抑えた微還元クリープパーマなどお客様の髪をできる限り傷ませない施術を心掛けております。

Twitter
 
HPはこちら☆

fleur-hair

http://www.fleur-hair.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。